【超ポジティブ女子・黒沢心、熱い編集者の卵が誕生しました!】「重版出来!」第1話

重版出来.png

2016年4月12日(火)第1話

黒沢心、興都館に入社する!


「重版出来」とは印刷業界における専門用語であり、本が売り切れた後に増刷がかかることを指す。ケガによりオリンピックを諦めざるを得なくなった黒沢心(黒木華)は興都館のバイブス編集部に入社し、憧れの漫画担当者として「重版出来」を目指すこととなる―――。

日体大柔道部出身の黒沢心は、入社面接にて漫画に対する熱い想いを熱弁するも、
突然入ってきた社長を背負い投げで投げ飛ばしてしまいます。
完全に落ちた…と落ち込むが、奇跡的に合格し、晴れて希望の会社に入社することになります。

入社面接の時点で編集部の部長はかなり気に入ってたみたいですけどねw
素直で真面目で明るい体力バカの心ちゃん♪
黒木華ちゃんの全力スマイルがとっても可愛いです゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚


編集者の仕事とは?


バイブス編集部に配属された心。編集部とは一言で言うとどのような仕事なのか。それを知るために新米編集者心の熱い社会人生活が始まった―――。

ここでは編集部の主な仕事内容の説明がありました。
ネームの見方や巻頭カラーや特集、出勤時間や受け持つ作家さんのことなど。

「週刊バイブス」のライバル会社は「週刊エンペラー」。
業界ナンバーワンの漫画雑誌であるため、バイブスの目標は打倒エンペラーです。
最後にはエンペラーとの一騎打ちが待っているのかな?

心は編集長から自分の名詞をもらい、
編集部のの一員としての一歩を踏み出します。



三蔵山先生との出会い


副編集長の五百旗頭さん(オダギリジョー)とバイブスの看板作家で漫画界の重鎮・三蔵山龍先生(小日向文世)の自宅に原稿を取りに同行します―――。

いや、五百旗頭(いおきべ)さんって読めないからwww
凄い苗字ですね!

三蔵山先生の描くドラゴンシリーズは30年続く人気シリーズです。
そんな伝統ある作業場に触れ心も嬉しそうです。

アシスタントが4人いましたが、1人だけやさぐれた人がいました。
なんだかトラブルの匂いがしますね。

同じく看板作家の高畑一寸先生(遠藤賢一)の自宅にも原稿を取りに伺いましたが
自宅には先生の彼女である読モ出身の梨音役の最上もがちゃんがいました。
金髪ショート可愛いー☆めっちゃ露出多くてセクシー☆


優しい先生をおとしめる無情なFAXがトラブルを引き起こす


三蔵山先生は自分の原稿の空き時間にはアシスタント達の作品原稿もチェックしアドバイスをするなど、後輩育成にも積極的でしたが、アシスタントの神原は「アンタのセンスが古いから俺が売れないのはアンタのせいだ!」と八つ当たりし、先生の原稿を投げ捨て作業場を出て行ってしまう。翌日、三蔵山先生の作業場に先生を批判する内容のFAXが送られてきて―――。


ムロツヨシさんの存在感ないのに存在感ある感じ、好きです。

信頼するアシスタントに暴言を吐かれ、大事な原稿を汚され、
それでもなお神原君を責めないで欲しいと言う三蔵山先生。優しすぎる~。
でもとてもとても悲しそうでした。

三蔵山先生の元へ送られてきた謎のFAX。
やっぱり神原が送ってきたのでしょうか。先生を傷つけるために…。ひどい!

ところで「オワコン」って何だ?


絶望の淵に立たされた三蔵山先生…心どうする!?


FAXを見た三蔵山は編集長に前倒しの原稿まですべて引き上げたいと申し出た。編集部は大騒ぎ。慌てて三蔵山の自宅に伺うも、誰にも会いたくないの一点張りで、担当の五百旗頭は頭を抱えてしまう。その頃誰もいない編集部にバイブス作家の八丹カズオが尋ねてきて―――。


編集部で留守番をしていた心は八丹先生から気になることを聞きます。
八丹先生は元・三蔵山先生のアシスタントをしており、
今朝先生から「オワコン」の意味を尋ねられ、事情を知らない八丹先生は
素直に「終わったコンテンツの略ですよ」と教えてしまったとのこと。

オワコン=時代遅れ、必要が無いこと。
私も初めて知りました。へー。

自分の絵のデッサンが狂っていたことに初めて気付いた三蔵山先生は
恥ずかしい作品を世に出してしまっていたことを悔います。

そして漫画を通して伝えたかった「優しさこそが強さである」というメッセージが
読者にも身近にいた神原にも伝わってなかったことを悲しみます。

先生かわいそう!何十年も頑張ってきたのにこんな形で引退なんて!


見つけた!先生復活の希望の光


先生のために何かしたいけど何をして良いか分からない。心は無力な自分にもどかしくなる。そんな中、研修時代にお世話になった書店に挨拶に訪れた心。そこで見たとある本の特集コーナーで三蔵山先生復活の希望の光を見つけ出す―――。

アスリートでも何十年と選手として活躍するためには
トレーニングをして筋肉を維持する必要があります。

それを踏まえた上で、心は三蔵山先生の猫背に注目しました。
加齢と共に筋力は落ち、若い頃と姿勢は変わっているのに、
使っている道具は連載を始めた30年前と同じまま…。

先生の普段見ている角度から漫画を見てみると、
先生のデッサンは狂っていなかったのです!
なので角度さえ注意すれば以前のような絵が描けると心は先生の伝えました。

それを聞いた三蔵山先生の目には希望の光が戻り、
先生を心配して駆けつけた元アシスタントの先生方の協力もあって
無事連載を再開することができました。

先生を引きずりおろした気でいた神原も
連載再開を見て落胆します。見たかー!

人のせいにばかりして他人を蹴落とすことしか考えていない人よりも
自分の力で精一杯努力しようとする人の方がやっぱりカッコイイ!



いつか重版出来を!


三蔵山先生も復活し、勢いにのるバイブス編集部。そこへ「重版出来」の言葉が飛び込んできて―――。

初めて耳にする「重版出来」
編集者だったら目標にすべきことだと聞いた心は、
私もいつか!と「重版出来」を自己の目標に掲げます。


正直あまり期待していなかったドラマでしたが、
1話見てみたら想像以上に面白かったです!
最初は心のあまりのポジティブキャラが鼻についていましたが、
見ているうちに引き込まれてしまいました。
華ちゃんスマイル可愛いですね~°+(*´∀`)b°+°

トラブルが起こっても1話完結型で解決してくれるので
スッキリした気分で終われます♪途中からでも見やすいですね。

来週も楽しみです♪

ドラマ「重版出来!」公式サイト

重版出来!(1) [ 松田奈緒子 ]





出演者■■■■■■■

黒木華
オダギリジョー
坂口健太郎
松重豊
安田顕
荒川良々
永岡佑
小日向文世
ムロツヨシ

ほか

■■■■■■■■■■

「重版出来!」第7話
「重版出来!」第6話
「重版出来!」第5話
「重版出来!」第4話
「重版出来!」第3話
「重版出来!」第2話



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック