【全ては牧生の策略だった…狂った愛情がキラと零を追い詰めていく】「MARS」第10話 最終回

伝説の少女コミック「MARS」が実写版テレビドラマとして今、蘇る。

MARS.png

2016年4月7日(木)放送 第10話 最終回
明らかになる弟・聖の死の真相。零への思いが限界に達し、牧生はある決意を固める…。


キラは何かトラウマを抱えている…?



零(藤ヶ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)は零の自宅で2人きりで過ごしていた。2人の間に流れる甘い時間。たくさんのキスを交わし、零がキラのセーターの下に手を伸ばした瞬間、キラは牧生(窪田正孝)の顔を思い出し、思わず零を突き飛ばしてしまう―――。


キラと零のキスシーン、ラブラブすぎてドキドキしちゃう。
キャーキャー。

今回も牧生の回想の回でした。
牧生がどういう風に零を想ってきたのか。
弟・聖の死にどのように関わっているのか。
その答え合わせを知ることができました。



牧生は聖がうらやましかった



牧生は零のことを知ろうと弟・聖に近付くが、2人は意気投合し親友となる。その頃、聖は学校でいじめにあっており、そんな聖を零は暴力という形で守っていた。しかし、聖は自分のせいで零の評判が悪くなることを良く思っておらず、零が暴力を奮うことに悩んでいた。そんな中、聖は聖の彼女・しおりと零が密会しているところを目撃してしまう―――。



零と聖は双子特有の固い絆で結ばれていました。
牧生はそんな聖がうらやましかったようです。
同じ日に生まれたというだけで、無条件に零の隣にいられるのだから…。

後に、聖が死んで零の隣の席が空くことになれば、
牧生は自分がそこに座るつもりだった言っています。



すべては牧生の策略だった



カウンセリングにより聖の死の真相を忘れてしまった零。そんな零の記憶を呼び起こすために、牧生は様々な罠を仕掛ける。盗作した倉沢先輩を屋上から飛び降りるように追い込んだのも、しおりが自ら死を選ぶように仕向けたのも、キラと零がお互いを思いやる気持ちを利用して2人が離れるように促したのも、全て牧生の策略だった―――。


倉沢にささやいていたのは
「皆から期待されて辛くないですか。もう楽になりましょう。」
でした。

すでに精神的に追い込まれていた倉沢は、牧生の言葉が後押しとなり、
屋上から飛び降りてしまいます。
牧生はその光景を零を見せたかったのです。聖と同じあの日の光景を。

期待通り零の中に聖の記憶が蘇り、牧生はこのまま零の隣にいられると確信しますが、
キラの存在が牧生の計画を邪魔してしまいます。


しおりは利用されていただけだった



お互いにシンパシーを感じていたはずの零がキラのせいで腑抜けになっていた。今までの残忍な零でなくなってしまっていたのである。失望した牧生の前に零の元カノ・しおり(福原遥)が現れた。牧生はしおりを利用してキラと零を引き離そうとする―――。


しおりを追い込んだのも牧生の一言でした。
「君が死にでもしない限り、零の気持ちは取り戻せないよ。」

しおりはその言葉通りに行動を移します。
トラックの前に飛び出したり、屋上から飛び降りようとしたり。

しかし、全て未遂に終わり、牧生はキラが邪魔な存在だと確信します。



聖の死の新たな真実・動き出す牧生の狂気



そして聖の命日に全ての記憶を取り戻した零。聖が死んだのは自分のせいだと自らを責めるが、実は聖の死には誰も知らない真実があった―――。

実は牧生は聖のことを疎ましく感じていました。
そして零に裏切られ傷心の聖に牧生はこうささやきます。

「君の存在が零の重荷になっている。これからも零を苦しめ続けるのか。」

零を手に入れるために手段を選ばない牧生。
自ら手を下さず、平気で人を死に追いやる狂気性。怖いですね。
それほどにまで零を愛していることなのでしょうか。


最後に零とキラは出会った海で約束をします。
聖のことを乗り越えるまで零のことを待っていると。
過去の零だけでなく、これからの零をもっと知っていきたいと。

2人の間には穏やかな時間が流れ、キラは初めて涙を見せてくれた今日のことを
覚えておこうと心に決めます。


一方、牧生も心に決めたことがあります。

「こんなくだらない時間はそろそろ終わりにしなくちゃ」
「零が壊れてしまう前に早く麻生キラを排除しなければ」
「零、これからが本当の始まりだよ。君は僕の宝物なんだから…!」

牧生の怖い顔のアップ。おしまい。


えぇぇぇぇぇぇえええ!!!?ここで終わり!?

この先のことも、キラのトラウマのことも、
あとは劇場で♪みたいです。

なにそれー。めっちゃ気になるー。
最後2週はほぼほぼ回想シーンばっかりだったしさー。
上手いことできてんなー。

まぁ窪田君の制服姿、かっこ良かったからいっか。←

結構ドロドロ系のストーリーですが、
全体的に爽やかな感じがするドラマでした。
このよく分からん枠が影響しているのかな?

えー。めっちゃ気になる続き。映画も観てみたいと思います☆



映画は6月18日(土)~公開です!
映画「MARS」公式サイト


ちなみにドラマのDVD&Blu-rayは6月8日発売です。

連続ドラマ MARS~ただ、君を愛してる~DVD-BOX [ 藤ヶ谷太輔 ]



連続ドラマ MARS~ただ、君を愛してる~Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 藤ヶ谷太輔 ]






出演者■■■■■■■

藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
窪田正孝
飯豊まりえ
山崎紘菜
稲葉友

ほか

■■■■■■■■■■


原作「MARS」

Mars(1) [ 惣領冬実 ]




1996年~2000年にかけて別冊フレンドで連載された累計発行部数500万冊を超える伝説の少女コミック。
続きが気になっちゃいますねー。結末は漫画と一緒かなぁ。

「MARS」第9話
「MARS」第8話
「MARS」第7話
「MARS」第6話
「MARS」第5話
「MARS」第4話
「MARS」第3話
「MARS」第2話
「MARS」第1話



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック